ご依頼の流れLAN配線工事における基本施工概要のご紹介

お問い合わせ

社内のレイアウト変更、引越しに伴うパソコン配線の整備を任せたい!

社内のネットワークを最適に構築したい!

社内LANの構築をしたい!

セキュリティを強化したい!


ネットワーク工事における提案、設計

  • エンドユーザー様との御打ち合わせを行い、ユーザー様に合わせた最適なネットワーク環境の提案、全体の設計、及び仕様の取りまとめを行います。
  • LAN工事の経験豊富なスタッフが設計、図面作成、工事、現場管理を一貫して行うことで、クオリティーと完成度の高い施工を行います。
  • 大手ネットワーク部材メーカーとの交流があり、さまざまな情報や情勢を獲得し、高いレベルでの設計と施工を行える体制をとっております。

配線工事におけるガイドライン

【SCS工事】

  • メタル系配線工事において配線標準規格であるTIA/EIA-568-C.2に基づいた配線工事を行います。
  • Category5からCategory6Aのすべてのケーブルリングシステムでの施工実績がございます。
  • 各ケーブルメーカーとパートナー登録を行っており、ケーブリングにおけるメーカー保証を取得することも可能です。 (メーカー認定保証については条件がございます。詳細は別途ご相談下さい)

【光Fiber工事】

  • 光Fiber系配線工事において最新規格であるTIA/EIA-568-C.3に基づいた配線工事を行います。
  • 光Fiber系ケーブリングにおいてもメーカー保証を取得することが可能です。(メーカー認定保証については条件がございます。詳細は別途ご相談下さい)

【ケーブル試験】

  • 信頼性の高いFluke社の最新のケーブルアナライザー試験機を使用することで、お客様の望まれる配線システムの品質とパフォーマンスを得ることができます。
  • 試験機の校正証明書、試験成績表も完成図書に合わせて御提出致します。

施工後のアフターサービス

  • メーカー認定保証を取得した場合、15年、25年のケーブリングシステム保証が適用可能となります。
  • トラブルや追加工事等があれば、メーカー認定に関わらず迅速に対応する体制をとっております。